素敵な男性に恋して幸せになりたい、可愛い彼女をゲットしたい、だれもが悩む恋愛の疑問を解決!

■ ロシア編

■ロシア編
ロシアにも、隠れた恋愛格言を残した人が沢山います。
ロマンスある出会いは、全世界共通なのかもしれませんね。
伝統的な文化を好むロシア人でありますが、歴史が深いので様々な恋愛の格言を見ることができます。
善と悪、愛と憎悪深い恋愛格言を学んで行きたいものです。

ロシアの花婿と花嫁

■ロシア人の格言
「世間には良人も妻もうんざりするような気持ちをいだきながら、
 昔ながらの同じ生活状態を何年も何年もくりかえしている夫婦がざらにあるが、
 それはつまり、彼らの間に完全な破壊も、完全な合致もないからにほかならない。」
「愛のない結婚は結婚ではありません。ただ、愛のみが結婚を神聖にするので、
 愛によって神聖にされた結婚だけが、真の結婚といわれるのです。」byトルストイ
「夫が妻にとって大事なのは、ただ夫が留守のときだけである。」
「決して一か八かというきわどいところまで進んではいけない。 それが夫婦生活の第一の秘訣である。」
 byドストエフスキー
「結婚生活で一番大切なのは忍耐である。」byチェーホフ
「愛は惜しみなく与う。」
「どこにも神を見た者はいないが、もしわれわれが互いに愛し合うならば、
 神はわれわれの胸のなかに宿るのである。」
「深く愛することができるもののみが、また大きな苦悩を味わうことができる。」
 byレーヴ・ニコラエヴィチ・トルストイ
「ある一人の人間のそばにいると、他の人間の存在など全く問題でなくなることがある。
 それが恋というものである。」
「愛は死よりも、死の恐怖よりも強い。」byツルゲーネフ
「恋、それは私の自我が、異性の客体に感ずるエゴイスティックな索引にすぎない。」byチェーホフ
「よい結婚でさえ、懺悔のときだ。」
「 妻が媚びるときには、なにか悪いことをもくろんでいる。」
「自由にさせておくと、良い妻でもだめになる。」
「美男を見ていて気持ちがよいが、才気ある男と暮らすほうが気が楽だ。」
「夫婦の間を裁くのは、神だけだ。変わらぬ友を求める者は墓地へ行け。」byロシアの諺

2015.01.29

Copyright (C) 2014恋して幸せになりたい!All Rights Reserved.