素敵な男性に恋して幸せになりたい、可愛い彼女をゲットしたい、だれもが悩む恋愛の疑問を解決!

■ 男女どっちが言うべきか

■やっぱり言うべきは男性
「クサい台詞」と「トキメク台詞」が使われるシーンは、
実際の生活の中よりも漫画やドラマや映画の中が多いでしょう。
さらに多いのは、男性が言っているシーンではないでしょうか。
出会いで終わるか、恋愛に発展するか。そのための告白や、あるいはプロポーズなども、
基本的には男性からの方が多いでしょう。

口説く女性

もちろん、そうした台詞やシーンを男性に演出して欲しい、言って欲しいという女性の特性が
そうさせるのですが、実は男性も一度は言ってみたいという気持ちがあるのです。
好きな女性の前でかっこつけたい、男らしい自分を見せたいと思うのは男性の気持ちでしょう。
そうした元来男性の持つ気持ちが、「クサい台詞」と「トキメク台詞」を言わせているのかもしれません。

そして、女性が言うのは何となく似合わないから男性が言うというのは一つの理由かもしれません。
もちろん、「クサい台詞」と「トキメク台詞」の台詞をいうパターンも、
女性が強くなっている現代では見られることですが、それでも男性にそうした台詞を言って欲しいという、
「カワイイ乙女心」を男性は汲んでいくべきなのでしょう。

■女性が言ってみる場合

ドラマや漫画、映画を見ていても、女性が「クサい台詞」をいうシーンを中々見たことはありません。
しかしながら、男性がときめいてしまう、
ただよくよく考えてみると「クサい台詞」かもしれないという台詞もます。

例えば男性が「なんで俺に会いたいって思うの?」と聞いた時に、女性から
「ちゃんと責任とってよね。こんな気持ちにさせたのは、あなたなんだから。」と言われたとします。
非常にどちらとも判断がつきにくい台詞ではあります。
もちろん、言われた男性がときめいていれば「トキメク台詞」といえるかもしれませんが、
もしも男性がこれを言ったとしたら、「クサい台詞」と言われる可能性はあります。

つまり女性がいうからOKかもしれないという、非常にグレーゾーンな台詞といえるでしょう。
普段は言う側の男性も「トキメク台詞」を言われたらとても嬉しいでしょう。
ただし、「クサい台詞」を言われてしまうと、女性と同じように困惑をしてしまうので、
言ってみたいと思っている女性は注意をする必要があります。

2015.02.20

Copyright (C) 2014恋して幸せになりたい!All Rights Reserved.