素敵な男性に恋して幸せになりたい、可愛い彼女をゲットしたい、だれもが悩む恋愛の疑問を解決!

■ 残念なシーン

■なんか見たことがある
出会いからすでにデートも何回かして、すごく雰囲気も良い男女二人。
しかし、その男性が言った「おまえにとって一生忘れられない男になってやるから、付き合えよ。」
という台詞を聞いて、女性が引いてしまったとしたら、その台詞が気にくわなかったか、
もしくは他に理由があると言えるでしょう。

悩む女性

例えば、「サプライズ」や「自分だけのたった一つだけの演出」を好む女性だとすると、
もしその台詞やシーンをどこか見たことがあれば、
そんな「トキメクであろう台詞」を言われてもときめきもせず、「クサい」とも思わず、
単純に「見たことある。パクリじゃん。」と落胆をしてしまうことでしょう。
多くの女性がこのように感じるわけではないですが、
この男性はその告白をする女性の特性が見抜けていなかったいうことになり、失敗をしてしまいます。

または、告白は成功したとしても彼女の心には「聞いたことある台詞だな。」という気持ちがあれば、
モヤモヤとした気持ちが残り、心底喜んでもらえたとは言えなくなってしまうかもしれません。
「クサい台詞」であれ、「トキメク台詞」であれ、
マネではなく自分なりの気持ちを言葉にしなければ相手に本当に刺さらない場合もあるでしょう。

■あるべき関係性
「クサい台詞」であれ「トキメク台詞」であれ、お互いの関係があるべき関係でなければ
どちらの台詞にも当てはまらず、「何を言っているの?」という空気になるでしょう。
言われた側もまったく相手に好意などの気持ちを持っていなければ
「クサい台詞」を通り越して対応に困った苦笑いをするはめになります。
例えば「クサい台詞」そして大がかりなクサい演出などを用いるプロポーズをするのであれば、
しっかりと相手の気持ちを確かめておかないと見る紋無惨な結果に終わってしまうかもしれません。
出会いを恋に発展させたいという人も、もちろん同じです。
雰囲気を作り、かっこいいと思う台詞を考えたとしても、
相手がまったく自分に好意などなければ「クサい台詞」にも「トキメク台詞」にも当てはまらず、
振られて終わりと言う結果だけを招くことになってしまいます。
「クサい台詞」、「トキメク台詞」どちらの台詞にも良さや使うべき場面などありますが、
どちらも相手がいる上で使う台詞なので、
基本的には「相手ありきの台詞である」ということをしっかりと認識しておくべきでしょう。

2015.03.09

Copyright (C) 2014恋して幸せになりたい!All Rights Reserved.