素敵な男性に恋して幸せになりたい、可愛い彼女をゲットしたい、だれもが悩む恋愛の疑問を解決!

■ 離婚の理由

離婚率が年々上昇し、熟年離婚が社会現象にもなっている日本ですが、
内閣府が公表している「男女共同参画社会に関する世論調査」によると、
「相手に満足できないときは離婚すればよいか」との質問に対して、
1997年に54.2%の男女が賛成と回答したのをピークに毎回減り続けています。
つまり現実では離婚するカップルが増えることに対して、それを懸念する男女の割合が増えているのです。

ドメスティックバイオレンス

マスコミなどが「3組に1組が離婚している」とか「4組に1組が離婚している」とか書いていますが、
これは全国のその年の離婚件数を結婚件数で割った数字なのです。
1970年前後は約0.1%だったこの値が、2000年に入ると0.3~0.4%へと上昇しています。
この値が1であれば、その年の結婚した件数と離婚した件数が同じだったことを意味します。

男女が出会い恋に落ち皆に祝福され結婚しても、いざ結婚してみるとこんなはずではなかったと思い、
やがてその思いが決定的になり離婚を決意する、その理由は何なのでしょうか。

家庭裁判所で調停離婚をしたカップルの離婚の原因は、男女間で違いがあります。
男性からの離婚申し立て理由は「性格の不一致」・「妻の異性関係」・「性格の異常」の順なのに対して、
一方女性からの離婚申し立て理由は「性格の不一致」が1位で同じですが、
「暴力をふるう」・「夫の異性関係」の順でした。
家庭裁判所での調停離婚でなく、本人同士の話し合いでおこなう協議離婚では女性からの離婚の理由に、
「生活費を渡さない」が入っています。

2015.05.12

Copyright (C) 2014恋して幸せになりたい!All Rights Reserved.