素敵な男性に恋して幸せになりたい、可愛い彼女をゲットしたい、だれもが悩む恋愛の疑問を解決!

■ 大鶴義丹とマルシアの離婚

大鶴義丹とマルシアの出会いは1994年、
毎日放送のテレビドラマ「オレたちのオーレ!」で共演したことがきっかけでした。
また結婚生活を9年間で終えることになるきっかけも、大鶴義丹が自宅に他の女性を呼び、
その女性との浮気現場をマルシアが目撃したことでした。
う~ん場所の問題でもないと思いますが、普通自宅に他の女性を呼び浮気をしますか???

イチャつく男女

大鶴義丹は俳優としてかずかずのテレビドラマや映画に出演していますが、
実は大学在籍中の1990年に「スプラッシュ」という題名の小説で、
「第14回すばる文学賞」を受賞したり、1995年には「となりのボブ・マーリィ」という映画の監督をし、
その後4本の映画の監督を行なっているマルチタレントの持ち主です。
これは多分大鶴義丹の父親である唐十郎の影響でしょう。

唐十郎は紅テントによるアングラ演劇の旗手で、劇団「状況劇場」を旗揚げし、
1969年1月3日には新宿西口公園事件と呼ばれる、
「腰巻お仙振袖火事の巻」の公演を200名以上の機動隊に囲まれながら行なっています。
また唐十郎は1983年に、「佐川君からの手紙」で芥川賞を受賞している才能の持ち主です。
ただ新宿西口公園事件以外にも、唐十郎はかずかずのエピソードを残しています。
1974年には初の映画監督として「仁侠外伝・玄界灘」を撮影中に本物の拳銃を使い、
安藤昇とともに小田原署に逮捕されています。

大鶴義丹とマルシアの離婚では世間の予想を裏切り、離婚の際にマルシアが慰謝料を一切要求せずに、
娘の養育費を支払うことで話し合いがつきました。

2015.05.20

Copyright (C) 2014恋して幸せになりたい!All Rights Reserved.