素敵な男性に恋して幸せになりたい、可愛い彼女をゲットしたい、だれもが悩む恋愛の疑問を解決!

■ 生涯独身を貫いたベートーヴェン

難聴で人の声は全く聞こえなかった偉大な作曲家ベートーヴェンは
1827年に肝硬変で56歳の若さで亡くなっています。
ベートーヴェンは身長が167cmの中肉中背で、筋肉質のがっしりとした体格の音楽家でした。
服装などファッションにはまったく無頓着で
ボサボサした髪型がトレードマークだったベートーヴェンですが
女性との出会いはあったものの、一度も結婚することなく一生を終えています。

ピアノ

ドイツ宮廷歌手の父親の長男として生まれたベートーヴェンですが音楽との出会いは壮絶なものでした。
幼少期から音楽の才能があり、その才能を当てにした父親から、音楽のスパルタ教育を受けます。
あまりに過酷なスパルタ教育のためベートーヴェンは音楽そのものに対して嫌悪感すら抱くようになります。

ベートーヴェンが聴力を失ったのは26歳の頃ですが
難聴だけでなくいくつかの持病も抱えていたベートーヴェンは一時絶望感から自殺を考えます。
そうした絶望感を克服し作られたのが、あの有名な「交響曲第9番」なのです。
変わり者で知られていたベートーヴェンですが作曲に夢中になり無頓着な服装と
ボサボサしたから髪型から浮浪者と間違われ警察に逮捕されたりしています。
そんなベートーヴェンと女性との出会いですがベートーヴェンの死後に
「不滅の恋人」宛にと書かれた3通の手紙が発見されています。
ただその「不滅の恋人」が誰なのかは、今だ謎です。

2015.06.01

Copyright (C) 2014恋して幸せになりたい!All Rights Reserved.