素敵な男性に恋して幸せになりたい、可愛い彼女をゲットしたい、だれもが悩む恋愛の疑問を解決!

■ 渡辺謙の離婚と闘病

女優の南果歩との出会いの後再婚し、かずかずのハリウッド映画にも出演し、
仕事で世界各地を飛び回る渡辺謙ですが、ここまでの道程はけっして平坦なものではありませんでした。

渡辺謙

渡辺謙を一躍有名にしたのは、1987年にNHKで放送された大河ドラマ「独眼竜政宗」でした。
渡辺謙はこの「独眼竜政宗」で主役の伊達政宗を演じ、役者としての評価を不動なものにしました。
その後映画「天と地と」では初の主演となる予定で、
役者として前途洋々に見えた「天と地と」の撮影中に急性骨髄性白血病を発症します。
急性骨髄性白血病とはいわゆる血液のがんで、映画「天と地と」も降板し治療に専念します。
急性骨髄性白血病の発症率は年間に人口10万人あたり3~4人で、
青年の死亡のなかで急性骨髄性白血病による死亡は事故死についで多い病気なので、
当然渡辺謙も当時死と直面したと思われます。

病気が完治し、これまで所属していた劇団「円」から
大手芸能プロの「ケイダッシュ」に移籍するのですが、この時期また試練が渡辺謙を待ち受けていました。
高島礼子とのW不倫スキャンダル報道と、前妻が自分の子供たちの同級生の母親や宗教団体から、
5億円以上の多額の借金をしていたことが発覚したのです。
結局これが原因で、渡辺謙は前妻と泥沼の離婚裁判を行い離婚します。

日本テレビ系のドラマ「妖怪人間べム」でベラ役を演じた渡辺杏は渡辺謙の娘で、
この時渡辺大と共に母親側についたのです。

2015.07.03

Copyright (C) 2014恋して幸せになりたい!All Rights Reserved.