素敵な男性に恋して幸せになりたい、可愛い彼女をゲットしたい、だれもが悩む恋愛の疑問を解決!

■ ナタリー・ポートマン

1994年に製作されたフランスとアメリカの合作映画「レオン」は、個人的に好きな映画のひとつです。
アメリカのハリウッド映画にはない、フランス映画特有の繊細さもあり何回観ても飽きない映画です。
プロの殺し屋を演じたジャン・レノも当たり役ですが、
近くに住む少女マチルダを演じたナタリー・ポートマンも良かったですね。

バレリーナ

この映画は実は映画「フィフス・エレメント」の映画監督リュック・ベッソンが、
ハリウッドで撮った初めての映画なのです。
リュック・ベッソンは映画「フィフス・エレメント」を制作する資金集めのために、
「レオン」を作ったと言われています。
またリュック・ベッソンは映画「フィフス・エレメント」で出会い、
知り合ったミラ・ジョヴォヴィッチと結婚し離婚しています。

ナタリー・ポートマンはイスラエルの首都エルサレムで生まれ、
3歳の時にアメリカのワシントンD.C.に移住しています。
アメリカの高校を卒業したナタリー・ポートマンは、
ハーバード大学とイェール大学に現役で合格している秀才です。
ナタリー・ポートマンは1994年にオフ・ブロードウェイの舞台でデビューし、
映画「レオン」では2000人以上のオーデションからマチルダ役に選ばれています。

この映画でナタリー・ポートマンはヤング・スター賞の最優秀女優賞を受賞します。
その後1999年に公開された映画「スター・ウォーズ」シリーズの3作目で
ヒロインのパドメ・アミダラ役を演じています。
この時も「レオン」の少女マチルダと、パドメ・アミダラが一致しませんでした。

改めてナタリー・ポートマンを凄いと思ったのは2010年に公開された映画「ブラック・スワン」でした。
この映画でナタリー・ポートマンは、次第に精神が壊れていくバレリーナ役を見事に演じています。

2015.11.10

Copyright (C) 2014恋して幸せになりたい!All Rights Reserved.